進行度による治療法

虫歯の治療法は進行度によって変わります。
しかし、虫歯部分の大きさや状態、患者様の年齢や生活環境、希望などは一人ひとり異なっている上、治療に対するドクターの考え方も反映されるので、同じ進行度でも同じ治療が行われるとは限りません。

例えば、分類上は同じC2でも、Clに近いC2と、C3に近いC2では、虫歯の状態がかなり違います。この場合、前者はClの治療、後者はC3の治療に準じた内容になる事もあります。

初期虫歯(主にC1)

虫歯になりかけている段階なので、削らないで回復を待つのが原則です。
まず、歯についた歯垢(プラーク)を除去し、正しい歯磨き法や生活習慣改善の指導を受けて、定期的な検診で様子を見ます。

進行した虫歯(主にC1)

エナメル質が虫歯になっているので、う蝕部分を削り、その後、修復材料で埋める。もっとも広く使われている修復材料が、プラスチック樹脂のコンポジットレジンです。これを使った修復をコンポジットレジン修復といいます。

より進行した虫歯(主にC2)

虫歯が象牙質まで進んでいる状態です。治療は、う蝕部分をClより大きく削って形を整え、そこに金属、あるいはコンポジットレジンで出来たインレーという詰め物をはめ込むインレー修復を行います。

さらに進行した虫歯(主にC3)

虫歯が歯髄(しずい:神経)に達し感染が及んでいる状態です。
治療は、う蝕部分を削った後、状況に応じて歯髄を取り除いて根の中を綺麗にする根管治療が行われます。削る部分が大きいので、修復にはコアを作ってクラウンを被せる方法が取られます。

非常に進行した虫歯(主にC4)

歯冠部が崩壊して、歯の見える部分が殆ど残っていない状態です。
出来るだけC3と同様に根管治療を行いクラウンを被せますが、状況によりブリッジ、入れ歯、又はインプラントを入れなければならない事も多々有ります。
この様に虫歯は進行すればする程、大きく削る必要が有ります。そうなると、通院回数が増え治療期間も長くなります。修復材料も高価になります。
出来るだけ早く虫歯を発見し、早期に治療を始める事が大切です。

PAGE TOP